生産性向上?(音声入力)Deutsche wollen jedoch

Lernt von den Deutschen das produktive Arbeiten.

iPad Air2  の iOSを11に入れ換えたついでに、投稿を音声入力でやってみました。Siriって結構ええというかおもろい。上のドイツ語の名詞は、きちんと大文字で表記していますが、音声入力では 先頭の l は小文字のままでした。

という本のタイトルですが、オイラは既に生産年齢人口から外れているので、気楽なもんです。ただ、西ドイツだった頃の大昔に学生に毛が生えた程度のアカデミカーだったオイラに、インジェニアやコンピューターの専門家がきちんとオイラを支援してくれていて、その分業の生産性がすごかったです。手書きの図面が、ロットリングで書いた図面になり、また実際の実験装置に組み立ててもくれました。大型計算機しかない時代に、オイラは、プログラムをカードにパンチングして、アウトプットをチェックするだけ。後のカードを読みこましたり、カードの整理等のことは計算機室の人が全てやってもらえました。

専門性のある分業の仕組みが、生産性を上げると思っていてもなかなか出来てこない日本の社会が、少子高齢化でますます生産性にブレーキをかけるんだろうな。日本の会社では、メール1本書くのに平均6分かかるそうだけど Siri を賢く育てれば、キーボードが苦手でも秘書がいるようなもんやから生産性は上がるでしょう。

iOSが11になって、iThoughtsHDが対応しなくなって、1400円払って、iThoughts(mindmap) を買った。Siri連携で「iThoughtsでメモを作成して」と言えば、アプリが立ち上がって、メモを音声入力していける。これで少しは楽できる。面白いと思ってくれるといいな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です