Local by Flywheel まじええなー

Moon

 PHPのバージョンを少し換えたいと想ってたら、即、変更出来ることがわかった。他にもWeb サーバーも変えられるし、ええなー!

今回、MacBook Proでローカル環境をいくつか作ってみて、Safariでテーマのファイルを打ちこんでいると、文字が消えたりして面倒なので起動ブラウザーをChromeに変えてみたらきちんとエディターが動くのでOKです。

Local by Flywheel!て便利だ

オオオニバス葉の裏

 色々なサイトテーマを細かく変えてWPをいじりたい場合、アホほど簡単な環境構築でありました。

20日ぶりに2階の書斎のエアコンを直しもらったので、やっと普通に呼吸ができるようになりました。

GCPで使えるSFTP探してまんねん

玄武

GCPでVMインスタンスとローカルPCとのファイルのやり取りに標準のSSHブラウザーを使うのに段々と疲れてきた。適当なSFTPはあるまいか?

取り敢えず Cyberduck をfreeで使ってみよう…

 キー登録で10ドルぐらいのドネーションでやるか、AppStoreで2,900円で購入するかしばらく使用してから。Cyberduck機能多そうだから、SFTP以外に使えそうな機能みつけるのが大変そうだ。

GCE上でWP

 今月からGCP(Google Cloud Platform)の私の新規プロジェクトとして、GCE(Google Compute Engine)上でMarketplaceにある仮想マシンタイプのWordPressをデプロイして使い始めました。

 GCPは1年間無料枠のサービス。その期間を過ぎてAllways Free対象から外れなければ無料のまま。WPを身の回りの整理に使う程度だと無料のままでいけると思いますけどね。

 GCP使用するためのアカウントは、従前からG Suite を使っているのでそのままです。ドメイン名は2003年からDynDNSで使っているyuruyakana.com 。コストはというと:

  • Oracle DynDNS 年間15ドル(ドメイン料)
  • G Suite     月5ドル
  • GCP       この1年は300ドル分が無料

Eメールアドレスは、従前からGMailサーバとMX設定して、自分のドメイン名で使っています。ここ15年ぐらいは、自宅ウェブサーバでインフラを自前で用意していましたが、GCPのおかげでインフラまわりから自由になりました。この点は、来年古希になる身としては有り難いと思います。

 タイミング良く下記の雑誌が出たので、そろりとGCPの勉強を始めましょう。

R事始め

TwitterからのEVデータ抽出

2年ぐらい前にRで、twitter上の日産EV, GoGoEV, ClubLEAFに関係するテキストマイニングをワードクラウド図にしてみたことがありました。Rによるやさしいテキストマイニング[活用事例編]、[機械学習編]が手元にあるので またチマチマと読み始めてみよう。TwitterからのEVデータ抽出

Python事始め

いつの間にか身の回りに少しPython絡みの本が増えてきて、このまま積読にしておくのは気持ちが悪い。整理するのにWPを使うことにします。

取り敢えずリストアップから:

  • 独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで
  • Pythonで動かして学ぶ!新しい機械学習の教科書
  • パソコンで楽しむ自分で動かす人工知能
  • PythonによるAI・機械学習・深層学習アプリの作り方